KAZUKI YAZAWA OFFICIAL SUPPORTER's WEB SITE

矢澤一輝後援会規約

名称

第1条 本会は、矢澤一輝後援会(以下「本会」という)と称する。

目的

第2条 本会は、西目屋村在住のカヌースラローム競技オリンピック選手の矢澤一輝君(以下「矢澤選手」という。)への物心両面での支援と、カヌースポーツの理解、振興を目的とする。

事業

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。
(1)矢澤選手が2019年度に開催されるスペイン・セオ世界選手権において、東京オリンピック競技大会への国別出場枠の権利を獲得できるよう支援する。
(2)矢澤選手が東京オリンピック競技大会で入賞を果たせるよう支援する。
(3)前号の2事業を実現するため、海外遠征費ならびに強化費、用具購入等の援助を行う。
(4)矢澤選手を囲む激励会または報告会を開催する。
(5)矢澤選手の活動などを定期的に紹介するホームページを開設する。
(6)地域へのカヌーの普及啓発と人材育成を行う。
(7)その他、本会の目的達成のために必要な事業

期間

第4条 本会の期間は、矢澤選手が2020東京オリンピックの強化活動を終了する期間までとする。

会員・年会費・入会

第5条 本会の会員種別と年会費は次の3種類とする。
(1)個人会員       5,000円(1口)
(2)法人・団体会員   10,000円(1口)
(3)特別会員     100,000円(1口)
2 新たに会員になろうとする個人または法人・団体は、入会申込書に必要事項を記入の上、会費を納入する。なお、既に納入した会費は返還しない。

役員

第6条 本会に、次の役員を置く。
(1)会長    1名
(2)副会長   若干名
(3)幹事   若干名
(4)監事    2名
2 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
3 役員は総会において選任する。

役員の任務

第7条 会長は、本会を代表し、会務を掌理し会議の議長となる。
2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき又は欠けたときはその職務を代理する。
3 監事は、本会の会務及び会計を監査する。

顧問等

第8条 本会に、最高顧問、顧問、特別参与を置くことができる。
2 前項の選任は、総会において決定する。

会議

第9条 会議は、総会及び役員会とする。
2 会議は、会長が招集する。
3 会議の議長は、会長がこれにあたる。

総会

第10条 総会は、 通常総会及び臨時総会とする。
2 通常総会は、会計・事業年度始めに開催する。
3 総会は、次の事項を議決する。
(1) 事業計画案及び予算案に関すること。
(2) 事業報告及び決算に関すること。
(3) 規約改正に関すること。
(4) その他重要な事項に関すること。
4 本会の議決案件は、総会において出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。ただし、委任状を認める。

役員会

第11条 役員会は必要に応じて招集する。
2 役員会は、次の事項を議決する。
(1)総会を開くいとまがない場合における緊急事項に関すること。
(2)その他重要な事項に関すること。

事務局

第12条 本会の事務、業務を処理するため事務局を青森県カヌー協会に置く。
2 事務局の職員は、会長が任命する。
(1)事務局長    1名
(2)事務局    若干名

会計年度

第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日までとする。

収入等

第14条 本会の経費は、会費・寄付金その他の収入をもってあてる。
2 毎会計年度の決算において剰余金を生じたときは、翌年度に繰り越すものとする。

細則

第15条 本規約の施行にあたり、細部の規定が必要な場合は、別に細則を定めることができる。

個人情報

第16条 会員情報は個人情報保護法によって保護され、後援会以外の目的で使用しない。

附則

1 本規約は、平成29年6月24日から施行する